日々の仕事の内容とコーギー犬ラブ


by yatabe-bankin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:道具( 8 )

デジタル分度器

ヤオフクで買ったデジタル分度器です。
b0160233_11255689.jpg


中国せいで1500円ぐらいで買いました。
スコヤで角度を測っていたのを.デジタルで見えます。
そこそこ使えます。

b0160233_1131175.jpg


右上は.アマダのデジプロ下がデジタル分度器です。
30cmの目盛が付いてます。
[PR]
by yatabe-bankin | 2013-01-19 11:34 | 道具

ドリル研磨機

 工具屋から引き上げた中にドリル研磨機があったので

 使ってみた。 古い物だが3φから16φまでできる。

 
b0160233_1731428.jpg


 真鍮のこまに差込砥石に押し当てる簡単な物です。

 
b0160233_17341068.jpg


 4段階に角度を変えることができるので面取りドリルを研磨してみた。

 
b0160233_17362848.jpg


 今まで研磨に出していて細い径になると研磨代が意外と高かったので
 上手くできたのでこれからは自分でやることにする。

 
b0160233_17404046.jpg

[PR]
by yatabe-bankin | 2009-05-20 17:41 | 道具

ブラザー複合機

 前から欲しいと思っていた複合機を買ってしまった。
 ブラザーのJUSTIO MFC-6490CN
 
b0160233_17505842.jpg

 5万円しないでFAX.A3送受信PCFAX.A3カラーコピー
 一番気に入ったのは.A3スキャナーができる所です。
 1品物が8割がたで毎回図面を貰っていたので保存が大変でした。
 へたすると10年位の物までとっているのでこれからどんどんスキャンして
 データーで保存しようとおもっている。
[PR]
by yatabe-bankin | 2009-02-05 17:57 | 道具

タップ バーミル

 タップと面取りができるすぐれ物です。
 
b0160233_12432137.jpg

 
 左側が面取りなしのガンタップ.右側がバーミルでタップ立てた物。
 右側の面が取れているのが分かります。
 ねじ立てが終わると圧縮されたスプリングが圧力をかけタップの戻りで
 面取りができる。
 
 
b0160233_12504845.jpg

 メーカーのカタログによると.ハンドタップ用.ガンタップ用.タフレット用の3種類で
 M2からM10まであるようだ。
 6年位使っているが2度でまにならないでたいへん重宝している。
[PR]
by yatabe-bankin | 2008-10-25 12:55 | 道具

バンドソー

 角.丸パイプを切るのにチップソーを使っていたのだが具合がわるいので
 このバンドソーを購入した。 買ってから1年位たつが非常に便利だ。
 
b0160233_1711584.jpg

 他社と違いフレームが回転するので品物ががっちりくわえられるのと
 簡単ではあるが定規が付いていることです。
 正確ではないが.角度切もそこそこできた。
 
b0160233_17142415.jpg

[PR]
by yatabe-bankin | 2008-09-24 17:15 | 道具

ケンメジャー

 鈑金の道具にも使いかってのいい物があると衝動買いしてしまうのですが
 このケンメジャーと言うのは.7年前に買った物です。自分でも何か良い方法
 がないかとずーと思っていたら同じ考えの人がいるもんだと思いました。
 
b0160233_11434067.jpg

 これは鈍角曲げ.鋭角曲げの外形寸法を測るもので今まではさしを2枚使って
 測っていたので凄く便利になりました。
 鋭角曲げと鈍角曲げ用の角度ゲージを取替えて測ります。
 金額は普通の300mmのノギスと比べるとかなり高い物ですが
 お気に入りの道具です。
[PR]
by yatabe-bankin | 2008-09-08 11:54 | 道具

油漏れ

  気になっていた油漏れをやっと修理してもらった。
  一番古い機械でもう30年は経つと思う。
  
b0160233_17394666.jpg

  無いと仕事にならないしかと言って買い換えることも出来ない。
  これなんか4万位ですんだが.去年切断機の修理ではシーケンサーが駄目になっている
  と20万も掛かってしまった。
  本当に鈑金屋てお金が掛かるよな。
  こんなもんで済んだので良かったのかな。
[PR]
by yatabe-bankin | 2008-09-01 18:00 | 道具

たたき鈑金

  7月にNHKで見た番組のことですが。
  たたき鈑金と言うタイトルなので見てしまったのですが

 新幹線の先端の所をアルミをたたいて形にする鈑金ですが.自分には
   かなり特殊な物に見えたのですがどうでしょうか。
   鈑金加工と言っても色々だと思うし.ほとんど手作業の加工が珍しく見えた。
   
   だが.昭和30年代の鈑金はこのような手作業がほとんどだったのでは
   ないかと思う。(今の様な機械設備が無かったから)
   それは.当社にも父親が使っていた同じ道具があるからです。
   
b0160233_8473916.jpg

  
   当金.かげたがね.こまのつめ.金切ばさみ等いまではほとんど使っていません。
   よく父親から.溶接したらひずみは必ずでるものだから叩いて取るものだと
   言われました。 私はいまだにひずみを取るのが下手なので溶接する時は
   出ないようにしています。
[PR]
by yatabe-bankin | 2008-08-13 08:59 | 道具